ホームページライフ 活用ガイド

ホームページ作成ガイド
かんたんサイト作成で、サイトを立ち上げてみましょう!

ホームページ作成ガイド

編集編

キャッチコピー・ボディコピーの差し替え

トップページのキャッチコピー・ボディコピーを独自のものに差し替えましょう。
1.index.htmlを開く
※index.html=トップページです。
かんたんサイト作成で作ったサイトでなくても、大概の場合トップページはindex.htmlもしくはindex.htmの名前で保存されています。


htmlファイル」の中にある「index.html」をクリックすると、左のサイドバーに「操作メニュー」が表示されます。



操作メニューの中から「編集」を選んでクリックしてください。

ショートカットアイコンで素早く起動する
 開きたいファイルの上でダブルクリックしても開くことができます。
index.htmlを開くと、以下のような編集画面が立ち上がります。赤枠の部分がキャッチコピー、青枠の部分がボディコピーです。
テンプレートによって表示位置が微妙に違いますが、トップページのメイン画像の上に配置されています。

2.キャッチコピー・ボディコピーを考える
キャッチコピーとは…
この場合、サイトや会社のコンセプトを表すものです。
1行もしくは2行程度で、簡潔に伝わるような文句を考えましょう。

ボディコピーとは…
キャッチコピーの内容をもう少し詳しく説明する文章です。こちらもあまり長くなり過ぎないようにしましょう。

※法人の場合、会社案内やパンフレットなどを参考にするとヒントが見つかることが多いです。会社の売りや理念、サイトの目的等から一番伝えたいものにしましょう。
3.キャッチコピーを差し替える
まず、「キャッチコピーが入ります」と書かれた文章の上をクリックしてください。すると、文章の書かれた部分が範囲選択されます。
 □で選択範囲が表されています。
 選択できたら、同じ場所でダブルクリックしてください。
すると選択範囲が囲まれ、文字が編集できるようになります。
 今ある「キャッチコピーが入ります」の文章は削除し、新しく文章を打ち込みます。
キャッチコピーが1行の場合は上記のような手順で差し替えが完了します。2行、3行に及ぶ場合はちょうどよいところで折り返すか、キャッチコピーの文章を省略して文字量を調整してください。

テンプレートによってメインの画像が違うため、キャッチコピー・ボディコピーを入力するエリアの大きさも違いますが、最初にサンプルとして入力されている文章が大体ぴったりの文字量です。
調整して同じくらいの文字量にすると、レイアウトが崩れる心配もなく安心です。
キャッチコピーの文章が多い場合

例えば、下図のような場合、キャッチコピーが長くなると文字がメイン画像から右にはみ出してしまいます。



このような場合はどこか丁度いいところに改行を入れて文字を折り返しましょう。
ここでは、「暮らしを創造する、【改行】生活をデザインする不動産」にしてみます。

※改行する際、「Enter」キーを押すだけではうまくいかない、空白が多く空いてしまう場合があります。「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを押すようにしましょう。



改行を入れると、ちょうどいい具合におさまりました。
このように、文字がはみ出したりしていないか、画像に文字がかぶって見にくくなっていないか、自分で確認して調整してください。
ボディコピーの編集についても同様に行ってください。
このページの先頭へ